제목   |  [6/11](歴史)平安時代の女性のメイク方法 작성일   |  2021-06-07 조회수   |  182

 

 

平安時代の女性のメイク方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     平安女性のメイクといえばまず白粉

平安時代の貴族の女性といえばおしろいで真っ白に塗られた顔ですよね。日常のほとんどを薄暗い部屋の中で過ごす平安貴族の女性は日に焼けることがないので、白い肌が美しさと高貴さの証でした。平安時代の白粉は「白きもの」とよばれていて、お米、鉛、水銀などから作られていました。それを水に溶いて顔に塗っていたそうです。それにしても、ちょっと白すぎやしませんか??と思ってしまうんですが、その理由を語りだすと長くなるので・・・気になるのは「なんでこんな眉毛にしていたのか?」ということなんですが、平安時代の貴族には「感情をそのまま表に出すのはよくない」という意識があったそうで、それが眉毛にも影響しています。なんてったって眉はちょっとの気持ちの変化でもものすごく動いてしまうパーツ。そこで元の眉をなくして、かわりにほとんど動かない額の高い位置に眉を描きました。平安貴族からすると眉が動かないことで鷹揚さとか穏やかさが表現できて高貴な雰囲気に感じられるそうです。

 

 平安時代の女性のお歯黒

お歯黒も現代人からするとかなり強烈ですよね。平安時代の高貴な女性はみんな歯を黒く染めてお歯黒をしてました。歯を黒くすることで小さな口元を強調して、顔を柔和に見せる効果があったんだとか。さらに、お歯黒には虫歯予防や歯の変色を隠すという実用的な意味もあったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://heian-jidai.com/343.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

1. 鷹揚さ(おうようさ): ゆったりしていて小事にこだわらないこと。

   

 

 

 

인쇄하기