제목   |  [5/3](文化)2021年のゴールデンウィークはいつ? 작성일   |  2021-04-27 조회수   |  384

 

 

2021年のゴールデンウィークはいつ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年のゴールデンウィークはいつ?

2021年のゴールデンウィーク※赤色は土・日・祝休日、青色はおすすめ有給取得日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年のゴールデンウィークは土日と祝日が重なっていないため、振替休日がありません。カレンダーを見ると分かる通り、通常であれば5月1日(土)~5月5日(水・祝)の5連休です。

ただ、4月26日~28日、30日、5月6日、7日の6日間有給休暇を取ることで、最大16連休に! ※4月24日(土)~5月9日(日)
難しいかもしれませんが、この機会にゆっくりと連休を過ごすのも魅力的です。

「そんなに有給休暇を取れない…」という方は、4月30日(金)1日だけの有給取得がおすすめ♪
4月29日(木・祝)~5月5日(水・祝)の7連休が叶います。
また、5月6日、7日の2日間有給休暇を取り、9連休にしてのんびり過ごすのも良いでしょう。

飛び石連休を無駄なく有意義に楽しむのもgoodです!

 

ゴールデンウィークの祝日って?

そもそもゴールデンウィークってどんな祝日があるの?
祝日の日数は気になるけど、祝日の由来や意味については知らない、という方も多いのでは?

それぞれの祝日の由来や意味を知って、よりゴールデンウィークを楽しみましょう。

昭和の日

4月29日は、昭和天皇のお誕生日である「昭和の日」。
昭和の間は「天皇誕生日」でしたが、その後「みどりの日」→「昭和の日」と名称が変わった祝日です。

平成元年からの18年間は、昭和天皇が植物に詳しく自然を愛されていたという理由から「みどりの日」、平成19年以降は、昭和という激動の時代を忘れることなく記憶にとどめようという理由から「昭和の日」となりました。

憲法記念日

5月3日は、日本国憲法施行の記念日である「憲法記念日」。

1947年5月3日に日本国憲法が施行され、1948年から祝日となりました。
“日本国憲法の施行を記念して、国の成長を期する”ことを趣旨としています。

この日は、日本の未来を考えてみる1日にするのも良いかもしれませんね。

みどりの日

5月4日は、”自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむこと”を趣旨とする「みどりの日」。

先に「昭和の日」の紹介にもありましたが、平成元年~18年「みどりの日」は4月29日でした。
4月29日が「昭和の日」になった平成19年、元々平日だった5月4日が「みどりの日」として祝日となり、5月3日~5日に3連休が生まれたのです。

この日は、緑溢れる庭園や植物園、登山、ピクニックなどに出掛けて、自然と触れ合う日にするのはいかがでしょうか。

こどもの日

5月5日は、男の子の成長を祝う”端午の節句”。
“こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること”を趣旨としている「こどもの日」です。

この時期になると、鯉のぼりや五月人形を飾る家庭も多いでしょう。
また、地域によっては、ちまきや柏餅を食べる風習もあります。

この日はこどもを産んでくれた母に感謝し、こどもの健康を祈りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://www.jalan.net/news/article/524403/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기