제목   |  神戸市長がツイッターで批判の小中学校組み体操 今秋は92校実施、練習中に6人骨折 작성일   |  2019-10-08 조회수   |  273

 

 

 

 

 

 

 

神戸市長がツイッターで批判の小中学校組み体操 今秋は92校実施、

練習中に6人骨折

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市教育委員会は7日、今秋の運動会・体育大会で披露する組み体操の練習中に転倒するなどし、病院を受診した神戸市立小中学校の児童・生徒は計51人だったと発表した。このうち6人は骨折していた。

同市の組み体操を巡っては8月、久元喜造市長が危険な場合の実施見合わせを市教委に要請。市教委は今秋について中止にはせず、安全と判断した場合のみ行うよう各校に指示したが、その後もけがの報告が相次ぎ、久元市長が自身のツイッターで批判していた。

今秋実施分が全て終了したため、市教委が状況をまとめた。秋に体育行事を開いたのは168校(小学校87校、中学校81校)で、組み体操を実施したのは92校(小学校65校、中学校27校)。事故はいずれも練習中に発生し、市教委がガイドラインで段数を制限しているピラミッド、タワーでの骨折者はいなかった。

昨秋は130校が組み体操を実施して62件の病院受診報告があり、19件が骨折だった。市教委は減少の理由を「実施校が減ったことも要因」としている。

 今後、専門家の意見を基に、安全な体育活動のあり方について検証するという。

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000013-kobenext-l28

 

 

 

 

 

 


[単語]

 

 

 

 

 

1.組み体操:複数の人が組んでさまざまな形を作る体操。
2.披露:広く人に知らせること。世間一般に発表すること。
3.転倒:倒れること。
4.相次ぐ: 物事があとからあとから続いて起こる。
5.要因:物事がそうなった主要な原因。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기